筋トレでボディラインを綺麗に整えることができる

筋トレでボディラインを綺麗に整えることができる

毎日有酸素運動を取り入れているのに、なかなか痩せられない、と悩んでいる方は意外と多いようです。

 

特に、女性の場合は、普通に有酸素運動を取り入れているだけだと、お腹周りやウェストがシェイプアップされず、痩せて欲しくない部分から脂肪が落ちてしまうことも多いです。そこでオススメなのが、筋トレを取り入れたダイエットです。筋トレを取り入れたダイエットならば、短時間でより効率的に体重を落とすことができますし、何よりボディラインを綺麗に整えることができるのです。

 

そもそも、毎日ジョギングやランニングをするだけでは、ただただ脂肪が燃焼され続けるだけで、ボディラインを美しくすることはできません。特にウェストの辺りは、腹筋を鍛えてシェイプアップする必要があるのです。また、筋力トレーニングは脂肪燃焼にはかなりうってつけの手段で、まずトレーニングの際に運動をするため、カロリーを消費しますし、筋トレの後に体が筋肉を作る際にもカロリーを消費します。

 

そして、筋肉は量が増えれば増えるほど、脂肪の燃焼量を上げてくれるという、鍛えれば鍛えるほどに、痩せながら痩せやすい体を作ってくれるのです。それらの点が、筋トレがダイエットに効果的で、なおかつ通常のダイエットの効率を上げてくれる理由です。お腹周りが気になるというのであれば、積極的に腹筋を取り入れるといいでしょう。ただ、一般的に知られている腹筋の方法だと、腰のあたりを痛めてしまう恐れがあります。

 

マットを敷いて行えない、というのであればなおさら危険です。そこでオススメの腹筋方法は、両足を太ももの辺りから上げて、膝を直角に曲げ、その状態を維持しながら、体を折り曲げる、という腹筋方法です。こちらは、椅子などに足を置いても大丈夫ですが、そうすることによって、下半身と上半身の両方からお腹に負荷をかけられるので、より腹筋を鍛えられます。ただ、女性の場合は、腹筋なんてしたら、筋肉が付きすぎてしまう、と思われるかもしれません。

 

ですが、女性ならば、少ない回数でもすぐに効果が現れますので、1日100回もすれば、有酸素運動と組み合わせて綺麗な括れを作り出せることできることでしょう。また、もしも括れをよりシャープにしたいのであれば、腹筋の際に、体を左右に捻じ曲げながらやるといいでしょう。筋トレはやりすぎると、やはり筋肉が付き過ぎてしまいますし、長時間行うとストレスの元となるホルモンを分泌させてしまいます。

 

ですので、筋トレは短い時間でさっと終わらせ、ついでに有酸素運動もささっと終わらせれば、これまでの半分の時間で運動をしていても、これまで以上のダイエット効果が期待できることでしょう。ですので、ぜひとも筋トレを取り入れたダイエットを行うことをオススメします。