スイミングのダイエット効果が高い理由は全身運動だけじゃない

スイミングのダイエット効果が高い理由は全身運動

ダイエットに効果的なエクササイズの代表例として、根強い人気があるのが、スイミングではないでしょうか。

 

スイミングのダイエット効果が高い理由は、全身運動であるためといわれています。また、水泳のダイエット効果を高めているのは、全身運動であるためだけではありません。プールに入ると、全身に水圧がかかってきます。この水圧も、ダイエット効果を高める要因であるといわれています。とくにプールなどでは、体に1.3トンもの水圧がかかるそうです。地上でこれだけの圧力を全身に受けることを想像してみれば、プールでのスイミングがいかに効果的な運動であるかが理解できるのではないでしょうか。地上で、これだけの大きな圧力を体に受けてしまえば、圧力で体がつぶされてしまいます。プールだと、このような大きな圧力が全身にかかるため、ランニングなどよりも短時間で、効果的にカロリーを消費できるのです。

 

また、それほど全力で泳がなくても、軽くスイミングをするだけで、1時間に500キロカロリー程度のカロリー消費効果があるそうです。スイミングがダイエットの代表例として、ひろく受け入れられているのも、全員運動と水圧を利用した、高いカロリー消費効果が背景にあるといえそうです。また、ランニングなどと違って、体にかかる負担も比較的軽いといえます。水中では浮力が働くので膝など関節にかかる負担が軽くなるのです。

 

ジョギングなどで長時間走ったり、サッカーやバスケットなどの激しい運動をすると、どうしても関節に負担がかかったり、接触プレーがあれば大怪我につながることもありえます。スイミングでは、こうした大怪我につながる危険性も比較的、低いといえそうです。スイミングといえば夏場の運動と思いがちですが、最近では民間のスポーツジムだけでなく、公共施設でも温水プールを開設しています。そのため、一年中スイミングをダイエット運動として続けることができるのも魅力です。