女性のAGAの特徴と原因、全体的に薄くなる

女性のAGAの特徴と原因、全体的に薄くなる

AGAといいますと男性の抜け毛のことであるというものだと思われますが、実は女性にもAGAというものがあります。
女性の場合にはFAGA(女性男性型脱毛症)といわれるわけでありますが、男性の場合とはちょっと信仰傾向に違いがあります。

 

女性のAGAの特徴について

 

AGAといいますと、男性の場合には前頭部もしくは、頭頂部から薄毛が進行していくことが特徴です。
特定の部分から徐々になくなっていって、やがて東部からほとんどなくなります。

 

これに対して、女性のAGAは髪の毛が全体的に薄くなっていくというのが特徴です。
すべての髪の毛がなくなっていくようなことはなかなかありませんが、髪の毛の量というのは確実に少なくなってしまうのであります。
ですので、なかなか減っているというような自覚が起きにくく、対処が遅れるようなケースもあるようです。
ちょっと腰がなくなってきたと感じたりしたときには、AGAを疑うようなことをしてもいいのかもしれないです。

 

女性のAGAの原因について

 

女性のAGAですが、原因は様々考えられますが、その原因の一つとしてホルモンバランスの乱れがあるようです。

 

男性のAGAと同様、生活環境によってストレスをため込んだり、疲れを取り切れていないような状況が続いてしまいますと、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

男性でもそういったことによって剥げてきてしまうというのと同様、女性にもそういったことが起こります。

 

それに加えて、女性の場合はパーマやヘアカラーをしたりワックスなどもよく使うという傾向があります。
おしゃれのためではありますが、それが髪に与えるダメージも大きく、髪の毛を弱めてしまう原因にもなります。

 

女性のAGAは男性にはない特徴と発症する原因があったりします。

 

 

女性のAGAはまだ認知がされていないこともありますので、なかなか受診されるようなケースはありませんが、
ちょっとでも気になったら一度見てもらうものいいかもしれないです。